らんちう貴族 土佐姫について

この餌を使ってみて思ったことについて書いてみます。
この餌の特徴である水に溶け込みにくい=水を汚しにくいということが上げられますが、そのため餌自体が硬めです。餌を替える場合、魚によっては今までの餌と硬さが違う場合、吐き出すことがあります。慣れの問題ですが、最初 水かお湯で混ぜるようにしたら良い場合があります。
初期飼料(ふ化、稚魚)の場合、ブラインシュリンプとかの変わりに与えたい場合、水に混ぜ込んだりして動きを与えるようにするのが良いと思います。
魚は、動きのあるものに対してよく反応すると思います。
らんちう貴族は、パウダーからありますが、餌そのものの成分自体変わらないようなので、潰して使う事もあります。潰すというより砕くと言う感じです。
特に初期飼料の場合、一定期間を過ぎると使用しなくなるので、人によっては、
買っても余ったりすることがあります。成魚用などの餌をすり潰し与えるという方法もあります。(どじょう研さんには悪いですが・・・)
あとこの餌は、長持ちします。長期間保存したいときは、冷蔵するのも1つの方法です。
あくまで、私見なので参考程度にして下さい。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。