餌の与え方について

餌の与え方についてですが、愛魚が食べる姿を見るのは楽しいものです。
そのため、つい与えすぎることがあるようです。与えすぎには注意しましょう。与えすぎより少ないほうがよいかもしれません。私は、少ない量を回数で与えるようにしています。あと餌をパッとまいてあとは、見てない人もいるようですが、しばらく観察してみましょう。魚の調子がわかってくるかもしれません。お使いの餌の成分量もチェックしておきましょう。与え方の参考になるかもしれません。
案外、一度買ったものを与え、食べるので、魚が変わってもその餌を買い続けている人もいるようです。餌にもそれぞれ特徴があります。そして餌によっても結構、成分の違いがありますので。
数ある餌の中で、私は、らんちう貴族とか土佐姫あと熱帯魚、海水魚用に使えるピースウェーブという餌は、結構オールマイティーに使えると思っています。使い慣れているということもあるでしょうが。

食べ残しが出た場合、早めに取り除くのが良いと思います。
らんちう貴族 土佐姫の場合は、水を汚すことは、少ないですが食べ残しをそのまま残すことは、やめたほうが良いでしょう。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。