私の餌への思い

熱帯魚、海水魚、金魚など観賞魚の餌について、私なりの思いについて書いてみたいと思います。

餌を与えるときに思うことは、
魚の口のサイズに合わす。
成分を考える。
嗜好性はどうか?

などを考えたりしますが、私は、飼育している状態によってやり方、餌の種類を変えたりしていました。結構、飼育環境や目的により違いがありました。

楽しみで飼育する、ブリーディンングを追求する、コンテストに出す、魚をふ化さし育て販売する 養殖するなど、いろいろ飼育する環境目的があると思います。

餌も、初期飼料から成魚用、色揚げ 魚種別、養殖用など色々あるので、
かたっぱしから試したものでした。
観賞魚の美しさに惹かれ、その色彩を追求したいと思い色揚げも使ったこともありましたが、失敗したときは、考えました。(色揚げを否定するのではありません。私の使い方が悪かったと思います)嗜好性を求め、食いつきの良い餌を使ったこともありました。
魚も人間と同じで、毎日毎日同じものを食べるのは嫌だろうと思い色々餌を与えたものです。

色々、やってみて自分の考え方、餌の与え方が固まってきたように思います。

自然に育ち成長していく環境を作りやすい餌です。

食べる。
成長過程で成分を少し替える。動物性蛋白から植物性蛋白へ
水の汚れが少ない。
一回の量は少なく見極めながら回数で与える。

食べるは、当たり前ですが、餌を変えた場合は、最初食べない場合があるものです。食べないと不安に思うので我慢できずもとの餌を与えがちですが、我慢し与えたものです。
必要成分は、成長過程で違ってくると思います。ので餌の種類で変える方法もありますが、与え方で変える方法もあります。少ない量を回数で与えるです。
体が出来上がってくると人間と同じで食べすぎより、食べない方が調子が良いかもしれません。
水の汚れは、飼育環境に影響します。

魚の病気、死亡への餌の関与は、水の汚れの原因にもなることと与え過ぎ消化不良などがあると思います。

皆さんも、ご自分の飼育環境、やり方にあった餌を見つけてください。




この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。